動物が好きだがペットを飼わない理由

最終更新: 4月7日

僕は動物がとても好きです。どのぐらい好きかというとバードフィーダーという給餌器を事務所の窓に設置して仕事中にデスクから野鳥の観察を試みるぐらい好きです。


|観察の結果

バードフィーダーを設置して2ヶ月ほどが経過した頃、たまにスズメが数羽だけ餌を食べにくるようになりました。あとはバードフィーダーから地面へこぼれ落ちた餌を食べに鳩が数羽来てたかな。

バードフィーダーのサイズが小さかったせいで、鳩は間近で見ることはできませんでした。

そして、そうこうしているうちに事務所が改装されることになり、しばらくの間別の場所で仕事をすることに。。。



|改装が終わって

改装が終了し事務所へ戻ってみると、内装がオシャレでカッコよくなっていてテンションが上った。PCなど諸々の搬入が完了し落ち着いたところで、バードフィーダーはどうなっているかなーと気になって窓の外を見に行ってみると…

バードフィーダーは綺麗サッパリ無くなっていた。外されていたとかじゃなくて、完全に綺麗サッパリ無くなっていた。どこにも見当たらない。

どうやら動物好きで野鳥を見たいがためにバードフィーダーを設置したヤツがいるとは思いもしなかった業者の人がゴミとして捨ててしまったらしい。

「ま、まあしょうがないか。野鳥に餌をあげてる奴がいるとは業者さんも思わないしね」と自分に言い聞かせ、一応納得した。(してない)



|バードフィーダーを設置するに至った経緯

冒頭にも書きましたが、僕は動物が好きです。彼らは人間と違って嘘をつきませんからね。で、動物好きって言うと「イヌ派ですか?ネコ派ですか?」とよく聞かれるのですが、僕にはイヌ派ネコ派という概念がそもそも無いです。

犬には犬の良さ(テンション高めで従順とか)、猫には猫の良さ(マイペースで自由とか)があります。鳥にだって鳥の良さがありますし、象にも熊にも良さがあります。みんな違ってみんな良いんです。だから何派という概念はありません。動物が好きです。

ちょっと話が逸れましたが、要は動物全般が好きでどうにか仕事中にも何かしらの動物を見て癒やされる機会を作れないかと考えた結果、1番簡単な方法がバードフィーダーだったわけです。

なぜ野鳥を選んだかというと理由は簡単で、事務所の周囲で野良猫とか見たことないし、スズメや鳩・ムクドリなどはもとからよく集まって来てたので、距離を縮めるだけでより近い距離で観察できると思って野鳥を選びました。



|そんなに動物好きなら飼えばいいじゃない

「そんなに動物好きなら自宅でペットを飼えばいいじゃん?」って割とサラッと言われることがあります。

でもペットを飼う責任って自分の中ではあまりにも重いので、そう簡単には飼う決心はできません。実は小学校低学年のときにセキセイインコを飼ってたことがあり家族のなかで1番自分に懐いていたのですが不慮の事故で亡くなってしまい、その時の悲しいトラウマもあるので飼おうという気持ちになれないんです。

家庭で飼うことができる動物の大半が生まれて間もない頃から飼い始めたとしても、自分より先に死んでしまう可能性が高いですし、逆に大型のオウム類などは40年~50年生きる個体が多くいるので、自分が先に死んじゃう可能性があります。

などなど、いろいろ考えるととてもじゃないけど飼えません。だから飼わないことに決めています。

もしペットを飼う可能性があるとすれば、それは自分が結婚して子供が生まれて、その子が捨てられた動物を拾ってきたときでしょうね。



|飼わないけどふれあいたい

ということで、ペットは飼わないと決めているのですが、動物は好きなので動物を触れ合いたい気持ちはめちゃめちゃあります。隙きあらば動物に触ろうとします。

阿蘇内牧には交差点の角に何故か牛が放牧されている場所があり、一応牛が脱走しないように柵はあるのですが、牛が道路側にいれば手を伸ばせば触れるぐらいの隙間があるので、近くに車を停めて触りに行ったこともあります。必要ないかもしれませんが牛触れるスポットのMAPを下に掲載しておきます。


|最後に

今回はなぜ動物が好きだと言っておきながらペットを飼わないのかという理由について書きましたが、まとめると「別れが辛いから」というシンプルな理由です。

そのくせモフモフしたいという願望は人一倍強いので、上で書いたような意外な場所にあるモフりスポットをご存知の方がいれば教えていただけると嬉しいです!


#犬 #猫 #インコ #牛 #ペット #鳥